転職エージェント

転職を有利に進めるための、転職マニュアル!

Category Archives: 未分類

転職エージェントとは?

転職エージェントという仕事があるのをご存知でしょうか?
転職活動を行っている人材と採用側の企業とをマッチングさせて、両者の利益になるようあらゆる角度からサポートする仕事です。

エージェントというと日本語では代理人という意味になります。
転職活動は、転職希望者自身が自分で情報を収集したり、採用企業へコンタクトを取るのが通例です。
一方で、転職エージェントを利用すれば、転職希望者が本来行うべきさまざまな手続きを任せることができるため、極端に言えば、本人は面接をメインにエネルギーを集中させることができます。

転職エージェントが実際に代行してくれることとしては、採用を考えている企業のさまざまな情報を知らせてくれるだけでなく、その情報から応募を検討する際の相談にのります。

いざ面接を受けたいとなれば、転職エージェントが転職希望者に変わって面接の日時を調整したり、入社後の職種や待遇面から具体的な入社日に至るまで、交渉をしてもらえます。

転職エージェントの規模にもよりますが、担当のコンサルタントがトータルサポートしてくれるところもあれば、採用企業との交渉と転職希望者との相談受付の二大業務を、別々のコンサルタントがこなしているケースも見受けられます。

転職エージェントの最大の責務は、できるだけ優秀な人材を、できるだけ優秀な人材を求めている企業に送り込む、という一点に尽きます。
したがって、採用企業との交渉にあたるコンサルタントは、企業側のニーズや会社の全容を把握して、どのような人材を欲しているのかを確実に見極める必要があります。

一方、転職希望者との相談業務にあたるコンサルタントには、大小さまざまな不安も多い転職活動において、転職希望者がスムーズに採用企業に就職できるよう、最大限のサポートをおこないます。

規模が小さいところの場合、たしかに営業力に不安があることもありえますが、小回りがきくだけに転職エージェントから見た採用企業と転職希望者との双方の距離が身近であり、大手にはない丁寧なマッチングへの期待があります。

ブランクあり看護師の復職法

 

Category Archives: 未分類

転職エージェントをおススメする理由

転職エージェントをいかに使いこなせるかによって、自分にマッチした転職先企業をスムーズに見つけることができます。

一歩踏み込んだことをいえば、転職エージェントの会社は、採用を考えている企業により良い人材を提供できるかで、紹介料やコンサルティング料がもらえるかが決まってきます。
したがって、相談業務や応募後のフォローがあっさりとしているハローワークに比べると、対応が親身で丁寧にやってくれるところが大半です。

無料相談にしても、相談者の希望や事情を丁寧に聞き取ってくれたうえで、自分にピッタリくる企業を数あるなかから選んで提示してくれます。
プロとして長年活躍している転職エージェントのキャリアカウンセラーは、採用企業側の事情も転職希望者のニーズもよく把握しているため、自分一人で転職活動を展開して行くより効率的でマッチング率の高い企業を見つけることができます。

さらに転職エージェントを利用するメリットには、一般には公開していない非公開求人案件を仕入れているケースが多々あることです。
限られた範囲でのみ求人情報を知らせることで、応募者のクオリティを高めてより良い人材のなかから採用すべき人物を選び出そうという企業側の姿勢が現れています。

一般公開求人案件のみから選び出すよりも当然、自分に合った企業を見つけられる可能性は高まるので、より充実した転職活動を進められます。

あらゆる可能性をゲットするためにも、転職エージェント選びは慎重かつ積極的に行うことが大切です。
とくに、希望する転職先の業種や職種が決まっているのであれば、それに特化した強みを持つ転職エージェントが適しているでしょう。
また、複数のジャンルを同時に活動したいのなら、大手をはじめとする総合的な力を持つ転職エージェントがおすすめです。
どちらを先に登録するかといえば、やはり総合力に長ける大手がベターかもしれません。

ネットの口コミサイトなども参考にしながら自分がどういった転職をしたいのかと照らし合わせて登録先を決めましょう。

 

 

Category Archives: 未分類

転職エージェントを比較する(企業比較)

転職エージェントに登録後、人材紹介サービスを使って転職した人のうち、なんと71%が年収アップに成功したという大手の転職エージェントです。
専任アドバイザーによる丁寧なカウンセリングによって、一人ひとりの魅力を引き出すプロフィール整理をお手伝いします。
とくに年収交渉や待遇条件をはじめ入社日などといったこちらからはなかなか言い出せない内容でも、専任アドバイザーが交渉を代行して、企業側と調整してくれるのでほとんどの打ち合わせをお任せすることができます。
老舗として転職業界でも確かな実績を刻んでいる転職エージェントですが、なかでもIT業界に関する求人に力を持っています。
WEBクリエイターやプログラマーをはじめとするクリエイティブ系の業種で持てる力を存分に発揮したい人の熱意を後押します。
対応している求人案件のエリアは関東ですが、とくに東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の転職サポートに強みを持っています。

・リクルートエージェント
転職業界の老舗であり、さらに登録者数も日本一といわれるのがリクルートエージェントです。
求人案件は常時9万件を超す膨大な量を収集、提供しています。
しかも、非公開求人がそのうち8割程度という一般的な転職活動では得にくい情報をリクルートエージェントを通せば、好条件の求人情報にアクセスすることができます。
ノウハウの蓄積も十分にあるので、あらゆる転職希望者のニーズに答えられます。

・パソナキャリア
転職者のうち年収アップに成功した割合が67.1%という良好な成果が見えるパソナキャリアなら、21,000件以上の求人数が検索でき、企業のジャンルもさまざまです。
口コミでは転職エージェントのなかでもキャリアコンサルタントの接遇が良好といわれています。
日本全国対応で地方から都会、反対にUターンやIターンにも利用できます。
業種や職種としてはIT業界やメーカー関連が強く、丁寧なカウンセリングを通して、自分の特性を活かせる企業を紹介してもらえます。

Category Archives: 未分類

転職エージェントの選び方

転職エージェントは、ただやみくもに登録すればいいというものではなく、しっかりと登録しようとする転職エージェントの性質を捉えて吟味することが大切です。

転職エージェントと一口に言っても、総合型転職エージェントと呼ばれるタイプと、特化型転職エージェントの2タイプに分かれます。どちらかにのみ偏る必要はとくになく、両方をうまいぐあいに利用することで自分の希望する業界や職種の条件により近い求人情報に近づけます。

まず、総合型転職エージェントは、転職業界において老舗企業も多く、展開のかたちも大規模であり、大手企業の強みを活かしたセールスパワーと抜群の知名度で、クオリティの高い求人情報が集まりやすくなっています。

また、転職に関するアドバイスを施すキャリアコンサルタントは、大手企業での採用担当などのその道の経験者が多く、さまざまな業界に精通しているのも総合型転職エージェントの魅力です。
転職エージェントを選ぶのであればまずは一般にも名前を知られていて規模の大きなところに登録すれば間違いはないでしょう。

ただし、それぞれの転職エージェントやそこに在籍しているキャリアコンサルタントによって、違いがあるのは当然です。できれば多少傾向の違う転職エージェントから少なくとも2社を選んで、サポートの漏れがないようにしたいものです。

一方、特定分野の転職に強みを発揮するのが、特化型転職エージェントと呼ばれるタイプです。
業界や業種として多いのは、IT業界が筆頭と呼ぶべきところですが、メーカーや外資系といった総合型転職エージェントでは手当ての薄くなりがちなジャンルでノウハウを持つエージェントもあります。

とくにIT業界であれば、SEやWEBクリエイターの需要が高く、開発系のお仕事であれば専門的なこともありこうした特化型転職エージェントのなかでもIT業界に強いキャリアコンサルタントに担当してもらうと、貴重な情報とアドバイスをもらえることでしょう。

 

 

Category Archives: 未分類

転職エージェントとの付き合い方

転職エージェントと良好な人間関係を築くことが、転職先への有利な就職につながります。

いくら機械化や自動化が進んだとはいえ、仕事をしていくうえで大切なことは、フェイス・トゥ・フェイスで信頼関係を築くことです。しかも転職エージェントのキャリアコンサルタントは、転職希望者を価値ある人材として企業側に売り込む役割を担っています。

もし、その際に肝心の転職活動をする人間が、どうもコミュニケーションが取りずらいと感じたり、最後まで信頼を寄せることが難しいなどと思われたのでは、採用側の企業とマッチングさせるのも大変なことになってしまうからです。

もちろん、転職エージェントのキャリアコンサルタントという仕事自体は、外側にいる人間から見ると不透明なところが多いといえるかもしれません。具体的な交渉のやりとりがどこまでこちらに伝えられているかもわかりづらいですし、実際に企業側に自分のことを売り込んでいくときに、どれほどの熱意で支援してもらえるかも基準がわからないといえます。そうした点において、転職エージェントを実際に利用したユーザーの口コミが同じ転職エージェントでも賛否が別れたり、評価が悪かったりします。

キャリアコンサルタントとの相談やアドバイスを受けるということ自体が、どうしても利用する側との相性もありますし、転職エージェントは、人材を送り込んでこそ初めて成果が発生するという厳しい実力主義にさらされていることもあり、こちらの希望をしっかりと反映できないまま転職になったというケースもありえます。

利用する側も利用される側も、不幸な結果とならないためにも、とくに転職希望者の側が変に見栄を張って十分にこれまでのキャリアについてネガティブなことを伝えていなかったり、それほど乗り気でもないのにキャリアコンサルタントの言われるがままに事を進める、といった安易な姿勢は厳に慎むべきでしょう。

とくに、転職エージェントと採用側企業の関係が密接であればあるほど、素直さが何よりもすべての課題をブレイクスルーする必須条件といえます。

 

 

Category Archives: 未分類

転職エージェントとの面談

転職エージェントに登録すると、日時を決めて初めての対面となります。

転職エージェントの公式ホームページから簡単な入力をすると、本登録に進めます。
ユーザー登録をすれば、求人検索のうち非公開求人にもアクセスできるようになりますが、それだけでは転職エージェントの利用価値は半分も至らないものです。転職エージェントが誇る専任のキャリアコンサルタントと面接して初めて、その後の転職活動のサポートを本格的に受けることができます。

面接とはいっても、求人企業での面接とは違うため、それほど緊張することはありませんが、しかしこの面接によってキャリアコンサルタントの印象が決まり、どの企業へ転職の紹介をしようかという計算がスタートしますので、気を抜くことはできないものです。

面接の典型例としては、まずあいさつを交わして自己紹介をします。
キャリアコンサルタントからは名刺を渡され、どういったキャリアを経ていま転職エージェントで働くようになったのかを簡単に伝えられます。続いて、転職希望者が現在どのような活動を具体的に行っているかのヒアリングがあります。

まずは、これまでどういった業界での勤務経験があるのか、それらの経験を踏まえてどういった業種や職種に転職希望なのか、などひと通り質問を受けます。ここでは、もし他社の転職エージェントに登録済でそちらでも応募をしていたりということであれば、遠慮せずありのままを伝えましょう。

その後、持参した履歴書や職務経歴書を土台にしながら、さらにより深い本音や希望が質問されます。
それとともにキャリアコンサルタントの方からも、具体的にどういった求人情報があるかを教えてくれます。

とくにキャリアコンサルタントが持つ情報で重要なのが、非公開求人です。
これは、一般には出まわらず一部の採用関係者や転職エージェントのキャリアコンサルタントだけが知り得る求人情報であり、好条件な条件であることも多く人気があります。

こうした貴重な求人情報やアドバイスを受けられるのも転職エージェントでの面接ならではのメリットです。

 

 

Category Archives: 未分類

営業職と転職エージェント

企業の中の仕事のうち、大半といってもいいほど重要なウェイトを占めるのが営業職です。

製造をしたりサービスを企画しても、それを顧客や消費者にセールスする人材がいなければビジネスが成り立ちません。

いつの時代も営業職の需要は安定していますが、それでも求人情報を眺めてみると、企業規模から待遇面に至るまで、ピンキリな状態が続いているのは否定ができないところです。

したがって数多くの求人情報のなかから自分にフィットする営業職の採用を見つけるためにも、営業職に強い転職エージェントを登録しておくことが求められます。

どの転職エージェントであっても、営業職の求人情報について扱いはありますが、なかでもそれぞれの業界や職種に強みのあるところに登録することをおすすめします。

たとえば、外資系企業での営業職を目指しているのなら、海外への転職サポートも盛んな転職エージェントがいいでしょうし、IT業界のケースでも同様のことが指摘できます。

もちろん営業職といえばここというぐらいの特化型転職エージェントも存在してます。
派遣会社系の転職エージェントであればグローバルに活躍する営業職の人材を求めていますので、国内はもとより語学力をもとに営業職において海外へと羽ばたきたいとき、そうした実績の多い転職エージェントを選びましょう。

また、求人誌から派生した転職エージェントも営業職の転職は強いといえます。
営業職として転職活動をする場合、キャリアコンサルタントも同じ営業の職種ということもあって、コンサルティングを受けるのもスムーズにいくかもしれません。
とはいっても、お互いに同じ営業職だからこそキャリアコンサルタント側が自分を見る目が厳しくなる事も考えられます。

これまでの経歴をもとにして、さらに自分の可能性を広げたり、新たな世界でチャレンジしたという熱意をしっかりと伝えることで、キャリアコンサルタントの心象もよくなり、求人情報の紹介もスムーズに運ぶことでしょう。

 

Category Archives: 未分類

エンジニアと転職エージェント

エンジニアのなかには、広く工業系や製造系のエンジニアとともに、近年重要な位置を占めているIT系のエンジニアと、おおきくわけることができます。

エンジニアに特化した転職エージェントも存在しており、電気や電子関係をはじめとして機械やメカトロニクス、科学やバイオに医療関連のほか、制御系や組み込みにプラントなど、多彩なエンジニア系の求人情報を扱っています。

こうしたエンジニア系特化型の転職エージェントなら、収集されている求人情報もエンジニア系であり、キャリアコンサルタントの大半が前職までで実際にエンジニア畑で職務経歴を積んできた人材となっています。

一方、ITエンジニア系の転職に強い特化型転職エージェントのほうがとくに扱う職種は、SE、社内SEを皮切りにWebクリエーター、インフラエンジニア、IT・ネットワークコンサルティングなどです。

IT業界ならではの特徴として外資系も多数求人情報があり、世界的な企業でいえば、マイクロソフトやヒューレットパッカード、オラクルなど、知名度の浸透した企業も扱う転職エージェントもあります。

エンジニア系の転職エージェントはそれぞれのジャンルについての専門性が高いため各ジャンル専任のキャリアコンサルタントが配置されていることも多くなっています。

転職エージェントではジャンル別に転職のノウハウをアドバイスしてもらえるほか、求人の検索方法もジャンルで細かく分かれているのでピンポイントでヒットさせることが可能です。
キャリアコンサルタントによるキャリア分析は、求人企業とのマッチングにとても重要な意味を持っています。
大手になれば、自動マッチングシステムを多用して細かなところまで手が届きにくいケースも聞かれますが、エンジニア系ならではの特化型転職エージェントのアドバンテージを生かして、生身の転職希望者の人生を全面的にバックアップする姿勢が見受けられるのも、各ジャンルのエンジニアとして活躍したキャリアコンサルタントぞろいだからこそです。

 

Category Archives: 未分類

管理職と転職エージェント

30代後半以上が目安となるのが管理職の転職活動です。エグゼクティブ転職と呼ばれることもあります。
管理職としての転職を考えるとき最も重視されるのは、それまでの経験だといわれています。

具体的には、35歳前後からスタートして40代前半にピークを迎える管理職転職は、一般的な求人よりも求人案件が限定される傾向があります。

第二新卒や20代の中途採用のようなフレッシュさや伸び代の大きさではなく、管理職の責務をきちんと果たせるだけの余裕のある人間性があるかどうかや、部下をリードするだけの魅力があるかどうか、そのあたりで転職エージェントのキャリアコンサルタントの力がものを言います。
キャリアコンサルティングで転職エージェントがつかんだ応募者のキャリアやプロフィールだけでなく、人となりや雰囲気までをも企業側に伝えてもらえるからです。

とくにキャリアに関しては管理職の転職において非常に重要で、応募者とキャリアコンサルタントがしっかりと相談をして採用企業側へのアピールにブレがないように努めます。

最初に企業側の採用担当者と会うのは、キャリアコンサルタントです。
したがって、実際の応募者本人が面接にまで至った際、売り込みで聞いていたほどではなかったり、キャリアコンサルタントと応募者がそれぞれPRする部分がズレていたりすると、採用の可能性も少なくなってしまいます。
これまで、管理職の転職というと不景気のあおりを受けて企業によるリストラの対象となったためやむなく転職活動を始めたという人も多く見られました。
しかし、近年ではこれまでのキャリアをもとに新たなチャレンジを違う場所でスタートしたいという前向きな転職希望者が増加しています。
とはいえ、求人数が限られることで転職活動が長期化しやすいのも管理職転職活動であり、1年から2年といった長いかかわりとなるケースもあります。
管理職として時代の最先端を読み取る力が重要視されたり、あらゆる世代の人間とも積極的にやりとりが可能な高いコミュニケーションを有する人材が求められています。

 

Category Archives: 未分類

第二新卒と転職エージェント

第二新卒であっても新卒よりさらに一歩先を行くために、転職エージェントを積極的に活用することが大切です。
第二新卒の求人情報は新卒に比べてぐっと数が少なくなります。
とくに大手企業になればなるほどその数はヒット数が低くなる傾向にあります。
これは非公開求人によって良質な人材を確保しようという企業側の意図が理由の一つとして背景にあります。

転職エージェントが保有する求人情報のうち約8割ほどは、非公開求人です。
無料で登録するだけで非公開求人を閲覧することが可能となりますので、第二新卒での転職活動にもマストアイテムとなっています。

とくに、転職情報サイトとちがうのは、登録してキャリアコンサルティングを受けることで転職エージェントが企業へのコンタクトや条件交渉をしてくれる点が挙げられます。現に仕事している人が大半ですので、忙しい日々のなか任せられる転職活動は、転職エージェントに委ねられればかなり楽に進めることができます。

さらに、実際に求人企業へ送る履歴書や職務経歴書も、キャリアコンサルトが丁寧にチェックをして改善点を一緒に洗い出してくれますので、そうした無料でのアドバイスも転職エージェントを利用する価値となっています。

第二新卒のように、新卒での応募はできない一方で中途採用のような経験もない場合、転職活動が厳しい場面も多々見受けられます。とはいえ、非公開求人に集中していることを理解すれば、いち早く転職エージェントに登録をして第二新卒でもスムーズに希望の条件の企業が見つかるようアドバイスを仰ぐべきでしょう。

非公開求人のなかでも、キャリアコンサルトが握っている情報もあるため、自分の顔を覚えてもらったり、自分がどうして行きたいのかをしっかりと伝えておくことが転職エージェントとの良好な関係を築いて、有利に活用できる近道と言えます。

地域に限定するところもありますが、ほとんどの転職エージェントでは全国対応していますので、地方在住者でもどんどん利用しましょう。

 

 

Copyright © 2017 転職エージェント